都青会とは | クリーニング業界の未来を担う東京都内の青年部員がLDブランド運動や広報、各種指導などの活動を展開しています。

都青会について 私たちの取り組み 会員店舗リスト 活動報告 情報広場 お知らせ

都青会とは

文字サイズ変更

都青会ロゴ
このページでは、都青会の役割や目的、都青会の考え方などを紹介しています。

都青会とは

東京都クリーニング青年部会(都青会)は東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員たる青年及び、組合員の経営に参画する親族たる青年(但し、法人の場合は役員たる青年を含む)の思考と行動力を結集して、組合員の経営体制の確立及び組合組織の強化に関する自主的な研究及び活動を促進する事を目的とし、活動しています。

つまり・・・

東京都クリーニング組合加盟店で働く若き従業員らが志を持ち、技術力の向上や経営力を養う、会員制の集団です。

停滞するか 成長するか

クリーニング業界でこれからの時代を生き抜くには、過去の知識や師匠から得た知識のみを頼るだけでは通用しません。
ファッションを取り巻く業界では、衣服に使用される繊維や生地、コーティングなど、新素材や新技術が日々開発されています。また、ファッション雑誌や繁華街から発信されるトレンドなど、季節やその年毎に状況は変化し、要求される知識はその都度増えていきます。更に、クリーニング業界だけをとっても新製品や新しいテクニックが生み出されています。
つまり、クリーニング業に必要とされる衣服全般の知識は他産業と比べても実に多く、また日々増え続けている知識や情報を確実に仕入れておくことが求められています。

変化の激しい産業の中で、生き抜くには

日本人の衣服に対するこだわりは、世界的に見ても相当レベルが高く、欧米発のブランドは日本を有力市場と捉え、実に豊富なパターンの商品を次から次へと発表しています。また、国内ブランドにおていも同じ状況と言え、「短納期少量生産」は当たり前で、それ故に画一的な製品ではなく、変化に富んだ製品も市場には多く出回っています。
つまりこれからのクリーニング業者は、複雑化している衣服を見る目を養い、適切な診断とクリーニング処理が出来るよう、止まることなく成長し続けなくてはならないと考えます。

成長のカギは”仲間”を持つこと

私たちの仕事は、情報や技術を人一倍多く仕入れ、それを上手に活用すればするほど、お客様へのサービスの質が向上し、お店はもとより自分自身も成長していくようになると考えます。
そしてそれら成長のもとになる情報や技術を仕入れ蓄積するには、一人で行うより多くの仲間と交わることが、あらゆる面で効果的だと考えられ、また成長のスピードも格段にアップすると考えます。